株式会社Key of Life

お客さまの声

Key of Lifeにとって
お客さまとの信頼関係が
何よりの財産です。

私たちKey of Lifeは、お客さまとの関係を、ただお金を集めるための手段とは捉えておらず、
お互い信頼しあえる身内のような長いお付き合いをさせていただきたいと考えています。
また、「私たちの扱う案件は、本当にいいものだから、家族など親しい人にも薦められる」との思いから、
ここにその一例を紹介させてただきます。

Voice 01

大学教授定年退職

羽藤 正秋さま

毎年入金があり、
年金暮らしの足しとして
助かっています。

私は、代表取締役社長・羽藤将志の父親です。将志がKey of Lifeを創業した直後に、私は定年退職を迎え、それまで運用とは無縁でしたが退職金を預けました。それから毎年入金があるので、年金暮らしの足しとして助かっています。

将志の印象は、若くて自信に満ちておりながら素直。また、会社の対応には誠実さが感じられ信頼もしています。

創立5年を迎え順調そうな姿を見て安心すると同時に喜んでいます。お客さんとwin-winの関係を構築し、さらに信頼される会社となってほしい。これからも大きな夢に向かって頑張ってくれることと思います。

Voice 02

公務員定年退職

大﨑 勝さま

遊休資産を
低リスクで運用する
提案をしてくれました。

私は、専務取締役・大﨑祐輔の父親です。父から相続した土地の運用について息子に相談しました。

代々受け継いできた土地なので売却するのは忍びないが、そのまま放置していても固定資産税などのコストがかかってしまいます。彼らは“大きな利益を追求して大きなリスクを背負うには、年齢的に得策ではない”という私の思いを汲んでくれて、Key of Life社債とうまく紐付けた運用を提案してくれました。

社債を購入される方への大きな安心感にも繋がりますし、何よりも息子が人生をかけて、頑張っている仕事に少しでも役に立てればと思い、所有する全ての土地を運用してもらっています。その運用益で、孫におもちゃを買ってやったり、旅行に行ったりと、充実したセカンドライフを過ごせています。

「ご先祖様が代々残してくれた土地はこの時のためにあったんだね。本当に感謝の気持ちで一杯だ」と、息子とよく話しています。産まれた時から知っているあんなに幼かった息子が、ここまで頼りになる男に成長してくれて感無量です。

Voice 03

公務員定年退職

小西 文子さま

かわいい義理の息子を信頼して
退職金を運用
してもらっています。

専務取締役・大﨑祐輔は、私の娘の夫ですが、“Key of Lifeの大﨑祐輔”というより、“娘の夫”としての顔しか知りませんでした。娘から運用や投資商品を扱う仕事をしていることぐらいは聞いていましたが、それよりも夫として、父親としての祐輔の話ばかりだったからです。

今までの人生で、投資や運用の経験はなかったのですが、祐輔になら任せられると思い、退職金を全て運用してもらっています。

今では、毎年の運用益が楽しみですし、そのお金で一緒に旅行に行こうと話しています。ここでこんなことを書くのは恥ずかしいのですが、祐輔のことは親孝行してくれるかわいい息子だと思っています。(笑)

Voice 04

株式会社Arrange
代表取締役社長

前田 真一 さま

心から私のことを
考えてくれており、
頼りにしている存在です。

祐輔(専務取締役・大﨑祐輔)は、当社社員の夫で夫婦共々面倒を見ており、息子夫婦のように感じてます。夫婦のご実家、ご両親、ご祖父母ともお付合いさせていただいている関係性です。

彼の第一印象は、ザ・営業マン。抜群の気配りができるうえに、信念とプライドを持っており、何より心から楽しんで仕事しているなと感じました。かと言って、自ら営業してきたことは一度もなく、楽しそうに仕事の話やお客様の話をするので、思わず自分から「私にも教えて欲しい、営業しに来い」と言ってしまいました。

懇親会などの時には、彼だけは私のことを「真ちゃん」とイジってきます。場を盛り上げてくれる、憎めないかわいい奴なのです。(笑)

いい意味で生意気で、心から私のことを考えて話してくれるので頼りにしています。

もちろん会社としても真摯な対応をしてくれているので本当に信頼しています。